コラム|前橋市関根町の歯医者・歯科医院なら【リップル歯科クリニック】

診療時間
09:00~12:00 / /
14:00~18:00 / /

:~16:00 休診日:木曜・日曜・祝日

〒371-0047
群馬県前橋市関根町3-4-10

tel. 027-260-1151
  • 地図
  • メニュー

こんな症状は歯周病のサイン?

皆さんこんにちは。

リップル歯科クリニックです。

 

歯周病は、自覚症状に乏しい病気として有名ですが、特徴的な症状が現れやすいのも事実です。

 

そこで今回は、歯周病が疑われるサインについてわかりやすく解説します。

 

歯茎の見た目の異常

歯周病は大きく「歯肉炎(しにくえん)」と「歯周炎(ししゅうえん)」の2つに分けることができます。

 

このうち歯肉炎は軽度の歯周病に分類され、歯茎(歯肉)にいろいろな症状が現れます。

 

最も一般的な症状は、歯茎の腫れや歯茎からの出血です。

 

歯茎から膿が出たり、歯茎が下がってきたりしたら、それはかなり重症度の高い歯周病といえます。

 

お口の臭いの異常

歯周病にかかると、口臭が強くなります。これは歯周病菌が繁殖して、強烈な臭いを放つガスを産生するからです。

 

具体的には「メチルメルカプタン」という硫黄を含んだガスを作り出すことで口臭の原因となります。

 

ですから、自分の口臭が気になったり、周りの人に口臭を指摘されたりしたら、それは歯周病のサインなのかもしれません。

 

歯の異常

歯周病は、その名の通り歯茎などの歯周組織に生じる病気ですが、歯に異常が現れることもあります。

 

例えば、歯がグラグラ揺れる場合は、もうすでに歯周病が末期の状態まで進行していることを意味します。

 

これは歯周病の進行によって、歯茎だけではなく、歯槽骨まで破壊されることによって生じる症状です。

 

歯周組織が歯を支えきれなくなり、不安定となってしまっているのです。ここまでくると、抜歯をせざるを得ないことも少なくありません。

 

まとめ

このように、歯周病と疑われるサインには、いろいろなものがあります。

 

今回解説したような症状が認められた場合は、まずお気軽に当院までお越しください。

 

歯周組織検査を行って、精密な診断を下します。

 

その上で、最良といえる治療法などをご提案いたします。

 

もちろん、歯周病ではなかった場合もその状態を維持できるよう、さまざまな観点から予防法や健康維持法をご提案いたします。