コラム|前橋市関根町の歯医者・歯科医院なら【リップル歯科クリニック】

診療時間
09:00~12:00 / /
14:00~18:00 / /

:~16:00 休診日:木曜・日曜・祝日

〒371-0047
群馬県前橋市関根町3-4-10

tel. 027-260-1151
  • 地図
  • メニュー

歯周病が日本人の国民病と呼ばれる理由

皆さんこんにちは。

リップル歯科クリニックです。

 

歯周病は「日本人の国民病」と呼ばれることがあるのをご存知でしょうか?

 

そう聞くと、とても怖い病気のように感じますが、実際、重症化することで歯を失う深刻な病気のひとつといえます。

 

今回はそんな歯周病が日本人の国民病と呼ばれる理由をわかりやすく解説します。

 

成人の約8割が発症している

日本人の成人の約8割が歯周病を発症しているといわれています。

 

その時点で、歯周病が国民病と呼ばれることも理解できるかと思います。

 

ただ、歯周病の治療で歯医者さんに通っている人は、そのうちのほんの一部に限られています。

 

つまり、歯周病にかかっている人の大半は、「治療を受ける必要がない」と考えているか、「歯周病にかかっていることに気付いていない」のです。

 

自覚症状に乏しい病気

歯周病は「自覚症状に乏しい病気」としても有名です。

 

軽度の歯周病では、歯茎の腫れや歯茎からの出血が認められることがありますが、痛みなどの強い症状は現れないので、自覚するのが難しい傾向にあります。

 

これもまた歯周病が知らず知らずのうちに広がっていく原因のひとつといえます。

 

歯周病は細菌感染症

歯周病は、細菌感染症の一種であるということも忘れてはいけません。

 

お口の中を不潔にしていると、歯周病菌が繁殖して歯茎に感染を引き起こします。

 

歯垢が石のように硬くなった歯石や深い歯周ポケットは、歯周病菌のかっこうの住みかとなるので注意しましょう。

 

また、一般的な細菌と同様、人から人へとうつることがある点も要注意です。

 

まとめ

このように、歯周病は自覚しにくい病気で、気付いたら重症化していることが多々あります。

 

また、細菌感染症であることから、知らないうちに他人にうつしてしまっていることもあるでしょう。

 

その結果、日本人の国民病と呼ばれるほど、発症者数が増えてしまったともいえます。

 

そんな歯周病は、早期に治療を行うことで予後も良くなりますので、歯茎などに異常を感じたら、まずは当院までご連絡ください。