コラム|前橋市関根町の歯医者・歯科医院なら【リップル歯科クリニック】

診療時間
09:00~12:00 / /
14:00~18:00 / /

:~16:00 休診日:木曜・日曜・祝日

〒371-0047
群馬県前橋市関根町3-4-10

tel. 027-260-1151
  • 地図
  • メニュー

子どもの矯正治療はいつから受けるべき?

皆さんこんにちは。

リップル歯科クリニックです。

 

大人の矯正治療は、いつから始めてもとくに問題はありません。

 

歯並びを良くしたい」と思った時点で、当院にお越しください。

 

一方、子どもの矯正治療は、始める時期に注意が必要です。

 

今回はそんな子どもの矯正治療を始める最適な時期についてわかりやすく解説します。

 

永久歯が生え始めてから

基本的に、小児矯正は永久歯が生え始めた時期くらいに始めるのが良いといえます。

 

乳歯列期の頃は、順調に発育しているお子さまであっても、歯並びにいろいろな乱れが生じます。

 

例えば、歯列の中にすき間が生じる「空隙歯列(くうげきしれつ)」は、誰にでも生じる得るものです。

 

そのため、乳歯列期の歯並びは、そこまで敏感になる必要はありません

 

やはり、問題となるのは永久歯です。

 

永久歯は6歳ころから生え始める

初めに生えてくる永久歯を「6歳臼歯」といいます。

 

6歳くらいに生えてくる奥歯なので、このような名前が付けられています。

 

この時期に乳歯の異常や骨格的な問題が存在していると、歯並びの異常へとつながっていきます。

 

ですから、お子さまの歯並びに何らかの不安や疑問がある場合は、6歳くらいに一度、小児歯科や矯正歯科を受診すると良いでしょう。

 

早期治療が必要になるケースもある

実は、歯並びの異常の中には、できるだけ早い段階で治療を開始した方が良いケースもあります。

 

例えば、骨格的な異常によって受け口あるいは下顎前突(かがくぜんとつ)となっている症例では、永久歯が生え始める前の段階で、適切な処置を施した方が良い場合もあるのです。

 

そういう意味では、お子さまの歯並びに関して、何らかの異常を感じた時点で、とりあえず小児歯科を受診しても良いかもしれませんね。

 

問題がなければ、また数年後に受診すれば良いだけの話です。

 

まとめ

このように、いわゆる「小児矯正」は、大人の歯が生え始めたくらいから開始するのが効果的といえます。

 

あまり遅くなり過ぎると、治療効果も半減してしまうので注意しましょう。