コラム|前橋市関根町の歯医者・歯科医院なら【リップル歯科クリニック】

診療時間
09:00~12:00 / /
14:00~18:00 / /

:~16:00 休診日:木曜・日曜・祝日

〒371-0047
群馬県前橋市関根町3-4-10

tel. 027-260-1151
  • 地図
  • メニュー

歯周病が糖尿病や心筋梗塞の原因になる?

皆さんこんにちは。

リップル歯科クリニックです。

 

日本人の死因の上位を占めるのは、心筋梗塞や脳梗塞、肺炎などです。

 

これらは最も注意すべき全身疾患といえますが、実は比較的身近な歯周病によってもそのリスクが上がることをご存知でしょうか?

 

今回はそんな歯周病と関連の深い全身の病気についてわかりやすく解説します。

 

歯周病の重症化に要注意

歯周病は、むし歯と同じ「口腔疾患(こうくうしっかん)」の一種です。

 

歯茎に炎症をもたらし、進行すると顎の骨まで破壊する怖い病気です。

 

歯を失う原因の第一が歯周病であるという点も改めて確認しておきましょう。

 

とはいえ、ここまではあくまでお口の中だけに症状が限定されていますが、さらに重症化することで、全身の病気を引き起こすこともあるのです。

 

ペリオドンタルメディシン」という新しい研究分野ができるくらい、世界的にも注目されている現象です。

 

どんな病気のリスクが上がるの?

歯周病の重症化によってリスクが上昇する病気には、血管系のものが多いです。

 

具体的には、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などです。

 

これらは歯周病菌や炎症性物質が血流に乗ることで病気の発症リスクが上がります。

 

糖尿病に関しても、炎症性物質によって血中に存在するインスリンの効果が弱められるのが主な原因です。

 

また、妊婦さんに関しては、子宮で炎症反応などが生じることで、早産・低体重児出産のリスクが高まるため十分に注意しましょう。

 

高齢の方は誤嚥性肺炎に注意

昨今、注目を集めている「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」という病気は、歯周病菌などの口腔細菌が原因となりやすいです。

 

歯周病が重症化すると、お口の中で細菌が繁殖します。

 

その一部が唾液や食物に付着し、誤嚥することで肺炎を引き起こすのです。

 

肺炎は死因の上位に位置している病気でもあるので要注意といえます。

 

まとめ

このように、たかが歯周病と考えていると、重篤な全身疾患を引き起こすことがあるため注意しましょう。

 

歯周病はできる限り予防することが大切です。