年齢からみる予防歯科 By age

患者様の年齢によって起こりやすいお口のトラブルが変わってきます。ここでは各年齢ごとに気を付けた方が良い点や、予防治療の取り組みなどをご紹介させて頂きます。ご自身やお子様の年齢についてぜひチェックしてください。

ご来院 イメージ画像

-1

ご家族の口腔ケアが、生まれてくるお子様のお口の健康を守ります

「生まれてくる子供に、虫歯で辛い思いをしてほしくない」お父様・お母様は誰もがそのように思っているはずです。
実は、お子様の虫歯予防は、お子様が生まれる前から始まっています。
生まれたばかりの赤ちゃんの口には、虫歯菌は存在しません。何かの機会で、生活を共にする家族の唾液から、虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまうのです。
お子様を虫歯にさせないためには、お子様だけでなく、家族みんながお口を綺麗にしていくことが大切です。妊娠中だけでなく、お子様が生まれてからも、親子で定期検診にご来院ください。

問診・カウンセリング  イメージ画像

0~3

虫歯菌の感染を食い止めるとこが大切です

虫歯の原因菌というのは生まれつきには存在しません。虫歯の原因菌はお母さんやお父さんから感染します。乳歯が生えてくる1~3歳の時期に最も母子感染しやすく、この時期のことを「感染の窓」といいます。この感染の窓からの感染を防ぐために当院では、

・フッ素塗布 ・細菌検査 ・食生活の指導

を行っております。また、この時期に歯医者さんに慣れて頂くことも大切です。「歯医者さんは痛くなる前に行く」ということを習慣づけていただくことで、今後のお子様の虫歯予防に大きな効果がでてきます。この時期の虫歯の原因菌の感染対策をしっかり行っていくことで、将来虫歯にかかりにくいお口にすることが可能です。

お口の検査 イメージ画像

4~6

正しい歯並びを意識した予防治療

この時期になりますと大人の歯が生え始めてきます。
完全に永久歯が生え終わってしまう前の、このタイミングで正しい歯並び・噛み合わせに誘導してあげることが、今後のお口の健康を保っていくためにとても大切です。
この時期から歯並びの矯正を始めると、改善のスピードも早く、矯正後に歯並びが戻ってしまう『後戻り』しにくいというデータも出ており、治療も最小限の介入で済みますので、小学校に上がる前の咬合誘導をおススメしております。

応急処置 イメージ画像

小学生

お口の健康を自分で管理するためのトレーニングをしましょう!

本格的に思春期に入ってしまう前に、自分自身でお口の健康をしっかり意識して管理していくためのトレーニングが必要です。定期的に歯医者さんでのメンテナンスや、正しいブラッシングの練習などを習慣にしていくことが大切です。

担当の衛生士のご紹介 イメージ画像

中学生・ 高校生

自分自身でしっかりとお口の健康管理を行いましょう

周りの友達に合わせて生活が不規則になりがちな時期です。また、食生活も乱れてきますので、お口の健康管理をしっかりと自身で行えるかどうかが、お口の健康の明暗を分けます。
痛みなどの症状が出る前に、歯科医院での定期検診やメンテナンスを受けて頂く事がとても重要になってきます。

ブラッシングの指導  イメージ画像

20

忙しい時期だからこそ、しっかりと口腔内の健康を守りましょう

一人暮らしを始める方も多く、また学校やお仕事が忙しくて自由に使えるお金も時間も限られてくる年代ですので、症状が出ない限り(症状が出ても)歯科医院に通わなくなってしまいがちです。しかし、治療を放置しておく事はデメリットでしかありません。
症状が悪化すると治療費用も、治療期間も多くかかってきてしまいます。しかも治療をしたからといって症状が出る前の健康な状態に戻るわけではございません。お時間を見つけて定期検診に来ていただくことが重要です。
治療が必要な場合でも、当院では「なるべく歯を削らない」「神経を残す」治療を行っております。
生まれ待ったご自身の歯をできる限り残し、歯の寿命を長持ちさせるように治療をさせて頂きます。(例:神経を取ってしまった歯は5~10年で寿命を迎えてしまいます)

妊娠時の治療について

自分の口腔内を整えることがそのままお腹のお子様を守ることになります。
また、妊娠後にはレントゲン撮影ができなかったりと、行える治療も限られてしまいますので、妊娠前に症状をしっかり治療しておきましょう!

マタニティ歯科について詳しくはこちら ►

予防プログラムのご提案 イメージ画像

30

歯周病の治療・予防をしっかりと行いましょう

日本人の成人の約80%がかかっていると言われている歯周病。
30代は歯周病にかかり始める年齢です。健康なうちにしっかりと歯周病の予防を行いましょう。また、10~20代と今まで特にお口のトラブルが無かった方も改めて検診とメンテナンスを行った方が良いタイミングですので、今一度、ご来院して頂ければと思います。

妊娠時の治療について

自分の口腔内を整えることがそのままお腹の子供を守ることになります。
また、妊娠後にはレントゲン撮影ができなかったりと、行える治療も限られてしまいますので、妊娠前に症状を治療しておくことが大切です。

マタニティ歯科について詳しくはこちら ►

予防プログラムのご提案 イメージ画像

40 50 60 70

それぞれの方に合った予防プランをご提案させて頂きます

40代からは今までの生活習慣が積り積もって様々な症状が発生してくる可能性があります。
また、更年期によるホルモンバランスの乱れや長年の喫煙などでも様々な症状のリスクがございますで、ヒアリングと徹底したお口の検査を行い、お一人おひとりに合ったぴったりの予防プログラムをご提案させて頂きます。

予防プログラムについて詳しくはこちら ►