歯周病治療 Periodontal disease

歯周病について

歯周病は、歯を支えているまわりの組織(歯周組織)に起こる病気です。
歯周組織が、歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯茎(歯肉)が腫れたり、または出血などをして疲弊し、最終的には歯が抜けてしまう疾患です。
このプラークが石灰化して硬くなって歯石になると、通常のブラッシングでは取り除けなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に歯周ポケットが出来、さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、膿が出たり、歯肉溝が深くなったりしていき、歯根膜(しこんまく:歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨(しそうこつ:顎骨のうちの、歯を支えている顎 の骨)が破壊され、歯を固定する力が徐々に弱くなり、歯がグラグラしてきます。このままの状態を放置すると、ついには歯を失うことになります。


歯周病は、日本人が歯を失ういちばん重大な原因であり、初期の段階では自覚症状がほとんど無いので、気付かない人が多いものです。実際、日本人の成人の約 8 割が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計もあります。


歯磨きが不十分なことにより、歯と歯肉の間に細菌が棲みついて歯垢が溜まると、そこに炎症が起こります。これが歯周病の始まりです。初期段階では、自覚症状はほとんどありません。

歯周病について イメージ画像
歯周病のサインイメージ画像

歯周病のサイン

歯周病は初期では通常、自覚症状が無いままに進行し、歯を失う最大の原因となっています(虫歯にならない人でも歯周病にはなりえます)。
また歯周病が進行すると、毛細血管を伝って歯周病菌が全身に運ばれてしまい、これにより心疾患、肺炎、糖尿病などの発症リスクを高めたり、病状に悪影響及ぼしたりすると考えられています。全身の健康を保つ上でも、常日頃からの歯周病ケアが大切になってくるのです。


以下のような症状が感じられたら、お早めにご相談ください。

  • 朝起きたときなどに、
    口の中がネバネバする
  • 歯磨きをしたときに、
    歯茎から血が出る
  • 歯と歯の間にすき間が
    出来てきた
  • 口臭が気になる
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 歯茎が腫れたり、膿が
    出たりする
  • 歯茎の色が、赤色や紫
    色になった
  • 歯茎がむず痒い
  • グラグラ揺れる歯があ
  • 歯茎が下がることによ
    り、歯が長くなったよ
    うに見える

歯周病の治療

歯周病の治療は、進行の程度により方法もそれぞれ変わってきます。
歯周病の治療で必要なことは、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことと、日々の正しい歯磨きです。歯科医院に定期的に通っても、毎日の汚れを落とさなければ意味がありません。

  • ●スケーリング

    プラークや歯石、ならびにバイオフィルム(細菌の塊)をキレイに除去します。
    ブラッシングでは落とし切れない歯の裏や歯間の汚れを取り除くことで、歯周病の進行を抑えます。

  • ●ルートプレーニング

    ルートプレーニングとは、目に見えない歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除き、さらに歯根を滑らかな面に仕上げる治療です。
    歯周ポケットが深いと歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す " 毒素 " が根面に浸透しています。
    そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除きます。

  • ●フラップオペレーション

    フラップオペレーションとは、ルートプレーニングでは取り切れなかった深い部分に存在する汚れや、バイオフィルムを取り除く治療です。 ルートプレーニングと違う点は、歯肉に「切開」を加えることです。切開により、歯肉の深い部分まで直接目で見ることが可能になり、歯根の表面まできれいにすることが出来ます。なお、治療には麻酔を用いますので、痛みが出ることは、ほとんどありません(患者様によっては、治療後に腫れの出る可能性があります)。