インプラント Implant

インプラントについて

インプラントとは、虫歯や歯周病等により歯を失ってしまった箇所に、チタン製の歯根を埋め 込んで、その歯根を土台にして、人工歯を装着する治療のことです。


インプラントは、入れ歯のような取り外しが不要で、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もありません。また、自分の歯と同じように、物が食べられるということで、現在では最も機能的に優れた治療法の一つと考えられています。


当院では、患者様毎に異なる状況を詳しく検査・精査し、メリット・デメリットを十分にご理解頂いた上で、インプラント治療を行っております。
" 第二の永久歯 " とも呼ばれるインプラントに少しでもご興味がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

インプラントイメージ画像

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを長期間保つことが可能
  • 失った歯の数が多くても噛み合せの力(咀嚼能力)の回復が可能
  • 自分の歯に近い外観が得られる
  • 自然の歯に近い機能が期待できる
  • 適切なケアにより長持ちする

インプラントのデメリット

  • 手術が必要
  • 保険がきかず、費用が高額
  • 治療期間が長い

インプラント治療の流れ

診断・治療計画の作成イメージ画像

1診断・治療計画の作成

歯の状態を丁寧にカウンセリングします。
患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
レントゲンで写真を撮影し、インプラントの治療計画を立てていきます。

インプラント治療の前処置  イメージ画像

2インプラント治療の前処置

インプラントを埋め込む前に、インプラント治療をする歯以外の虫歯・歯周病を治していきま す。
また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、骨充填剤などを用いて骨を増やす処置、骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

一次手術 イメージ画像

3一次手術

治療部分の歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開け、インプラントを 埋めます。

安定期間 イメージ画像

4安定期間

一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッ セオインテグレーション)。安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約3ヶ月~6ヶ月です。この間は仮の義歯を使用することもできます。

二次手術 イメージ画像

5二次手術

顎の骨に一体化したインプラントの頭部を切開により、露出させます。
人工の歯を取り付けるための、土台 (アバットメント)を取り付ける処置をします。
切開した歯茎の状態が、通常の状態に戻るまで約 6 週間ほどの時間を要します。
ここまでで、外科処置は終了となります。

人工歯の成形・装着 イメージ画像

6人工歯の成形・装着

切開した歯茎が健全な状態に戻った際に、口の中と歯の型を取ります。
歯並びやその形状、歯の色をチェックしていきながら、インプラントを覆うセラミックでできた被せ物を作ります。
セラミックの人工歯が完成したら、インプラントへ装着し、治療は終了となります。

インプラント治療後のメンテナンス イメージ画像

7インプラント治療後のメンテナンス

インプラント治療が終わりましたら、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年経過後と、定期的な検査を行います。
※検査の間隔は、お口の中の状態などで変動します。
インプラントの生存率は、10年で 90~95%といわれています。しっかりとメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。