虫歯治療 Caries treatment

虫歯について

虫歯の原因

口の中の " ミュータンス " という細菌は、歯に付着した食べかすや糖分を代謝して " 酸 " を作り出し、この酸が歯を溶かし始めます。これが初期の虫歯です。
さらに進行すると、患部に細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖し、虫歯は拡大してしまいます。

虫歯の進行度合いは、「初期=C1」「中期=C2」「後期=C3」「末期=C4」の4つの段階があり、段階・状態によって治療法もそれぞれ異なってきます。
初期の虫歯は自覚症状が無く、ほとんど痛みもありません。そのため歯が痛み、しみ出して来た頃には、ある程度進行した虫歯になっていると言えます。「食べるときに歯がしみる」、「ちょっとしたことで歯が痛む」などの、違和感はありませんか?
そのまま放っておくと、さらに虫歯は進行していき、治療にも手間がかかるようになりますので、早めに受診をお勧めいたします。

虫歯の原因イメージ画像

虫歯の治療について

当院では、患者様が出来るかぎり歯医者を嫌いにならないよう、削る量が少なく・痛みも少ない虫歯治療を行っております。

ミニマムインターベーション治療

従来の虫歯治療では、詰め物が取れないように健全な歯質も大きく削ることにより、詰め物が外れないようにしていました。これに対し、当院が行うミニマムインターベーション治療は「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある健全な歯をできるだけ残す」という考え方と方法を言います。
歯は一度削ってしまうと、二度と再生することはありません。しかも自分の歯(天然歯)に勝るものはありません。
虫歯にならないように、きちんと予防をすることが最も大切なことですが、もし虫歯になってしまったとしても、二度と虫歯にならないように必要最小限の治療をすることが大切だと当院では考えております。

ミニマムインターベーション治療

痛みに配慮した虫歯治療

虫歯治療で痛い思いをしたくないとなかなか歯科医院へ足が向かず、ますます病状を悪化させてしまう方々が多くおられます。
そこで当院では、虫歯治療時の痛みを最小限にする「無痛治療」を行なっております。
具体的には、麻酔注射の前には、歯茎にジェル状の表面麻酔を塗って麻痺させ麻酔針の刺入時の痛みを最小限にし、さらに極細の注射針を用いて、一定の圧力でゆっくり麻酔処置をすることにより、不快な圧力痛も大幅に軽減しております。
その他にも当院には無痛治療への工夫がたくさんありますので、治療に伴う痛みが気になって歯科医院から足が遠のいている方は、ぜひご相談下さい。

ミニマムインターベーション治療

虫歯の再発防止について

虫歯の治療を行った後、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯の再発を防ぐことができます。
また当院では健康な歯を長く保つために定期的な検診をお勧めしています。

虫歯の予防には、歯のお掃除が大切です。硬くなってしまった歯垢(歯石)は通常の歯磨きでは取り除けないので、歯科医院でしっかりクリーニングして歯を長持ちさせましょう。歯が痛くなってから歯科にかかるのではなく、歯の検診を兼ねた定期的なご来院をお勧めいたします。